About us
SKiLL HANDS-スキルハンズについて

大工職人としての日・米通算18 年の経験を活かし、
他には真似できないあなたの為だけの物づくりを目指しています。

わたしたちは宮城県を中心に、店舗内装・住宅リフォーム・リノベーション等の工事を承っております。代表自身、大工職人として日・米両国において通算18 年の経験を持っており、たくさんのお客様の夢を叶えるお手伝いをしてきました。さらに地域に貢献出来る様、これからも東北の皆様の夢の実現のため、支えていきたいと思っております。

お店づくりについて

日・米を通し、これまでたくさんのお店づくりに携わってきました。どのお店にとっても内装デザインは、お店が繁盛するために大事な要素です。しかしながら、こだわり過ぎれば工事費はかさみます。店鋪オーナー様にとってオープン時の内装工事費は、100%回収できるかどうかわからない初期投資。当然、「なるべく安く抑えたい」ですよね。職人としての経験から、そのお気持ちに答えられるノウハウを持っています。「コストを抑えて良いものを作ること」は、経営の基本だと思っています。

工事に携わったお店が繁盛すれば私たちも自分の事のように嬉しいものです。一緒に繁盛するお店、作っていきましょう!

お打ち合わせの際は店舗専門のデザイナーも一緒に、3Dパース等たくさんの資料を見ながらお打合せもできますのでまずはお気軽にご相談ください。

リフォーム・リノベーションについて

近年、日本でもハウスリノベーション(中古物件を購入者の価値観に合わせて作り変える)というスタイルが一般的なものとなってきました。アメリカでは同様の意味の、「リモデル」という言葉が使われ、日々の工事の殆どが「リモデル」でした。古くても良いものを上手く利用し、新しいものと組み合わせ、その建物にまた新しい価値が生まれます。リノベーションに於いては先進国のアメリカでもたくさんの現場を経験してきました。大規模なリフォームやリノベーション工事は決して簡単なものではなく、私たちにとっても大変やりがいのあるものです。建物の工法や築年数の経過に伴う老朽具合など、一軒一軒状況が違い状況に合わせて当然工事のやり方も変わってきます。

※ 一つの例を挙げれば、日本で建築基準法が大きく改正された1981年以前に建てられた旧耐震基準の建物か、それ以降に建てられた新耐震基準の建物か、これにより(特に木造住宅の場合)工事のやり方は大きく変わってくるでしょう。

私たち工事業者はあなたの大切な財産を預かることになります。まずはしっかりと建物を診断し、現況を把握することから始めます。

弊社では、国や自治体が行っている補助金制度を利用した耐震改修工事の相談も受け付けておりますので、お得にリフォームしたい方、ぜひご相談ください。 『令和二年度、仙台市は対象工事費の5分の4(最大100万円)』

カリフォルニアスタイルってなに?

「カリフォルニアスタイル」で検索をすると、なぜかよく出てくる画像があります。ビーチをイメージした木のフローリング、海や空をイメージした青を基調とした内装。しかし、実際にカリフォルニアで長く生活してきて、この様な内装に出会ったことはあまりなかった様に思います。

様々な人種が暮らすカリフォルニアでは、正解も常識も、一つと決まっているわけではありません。それぞれの人が、自分たちの心地よいと思える暮らしを追求しているからです。ここに、日本人である私たちが学ぶべきことがあるのかも知れません。もっと自由な発想で、自分たちが心地よいと思える暮らしを追求しても良いのではないかと思うのです。

私たちは、あなたの自由で斬新なアイディアを形にして、あなたの暮らしをより良いものにしていくお手伝いをしたいと思っています。

弊社ではアメリカへの進出をお考えの各種ビジネスオーナー様のサポート相談も可能となっております(日本食のお店をアメリカで開業したい!)等、まずは.お気軽にご連絡ください。

Biography

代表 羽土 仁 -Jin Hado-

自らの経験、技術、知識を活かし、世の中の不を解決すること。

代表 羽土 仁 -jin hado-

1977年 北海道旭川市生まれ
2002年 語学留学生として渡米
2005年 アメリカ ロサンゼルスの職人集団 DD Enterprize の立ち上げメンバーとして参加
2010年 帰国
2011年 東日本大震災を機に宮城県仙台市に移る
2014年 Skill Hands 設立
2015年 株式会社 Skill Hands として法人化

高校卒業後、父親の経営する会社で自分も左官職人の修行に入りました。しかしもっと広い世界を見てみたいと思い、2002年にアメリカ・ロサンゼルスに渡米しました。

現地で偶然出会った大工職人の元で数年働いた後、ロサンゼルスの日系建築会社の立ち上げに参加することになります。一般住宅や店舗など数多くの工事に携わりました。多民族社会の中で日本人の良さが評価され、事業は順調に成長しました。その経験を経て日本人のきめの細かいサービスや職人の技術が世界的にも最高レベルであることを実感しました。

帰国後、東日本大震災が起りました...。そして自分の腕が何かの役に立つと思い、震災後の宮城県仙台市に移り住むことになります。多くの復興工事等に携わったのち、他の人にはない経験、経歴を生かし、社会により良いサービスを提供することを目標に2014年独立を決意。

日本・海外その両方で、良い部分とそうではない部分を見てきた独自の目線で ”もっと日本を元気に” をテーマに日々努力しています。

Contact
お問い合わせ

お急ぎの方は
コチラ